PUBLICATIONS/ARTICLES/INTERVIEWS



2020
“The Dildo as an Essay on Becoming While Creating” for the exhibition New Crystal Palace by Mai Endo×Aya Momose at Talion Gallery, 2020  [text]
「試論としての〈ディルド〉――つくりあげながら、なってしまう」(寄稿:遠藤麻衣×百瀬文『新水晶宮』タリオンギャラリー、2020年)[text]

“For what is to come” for the online project PERFORMANCE HOMEWORK by Michikazu Matsune, 2020 [text]
さて何の宿題をしようか(寄稿:松根充和『パフォーマンス・ホームーワーク』2020年)[text]

 “Simo Kellokumpu in conversation on “choreography as reading practice” and Japanese manga”Multiple Spirits online (2020)
インタビュー「シモ・ケロクンプ対談:「リーディングプラクティスとしての振付」と日本のマンガ」『マルスピ(オンライン)』2020年

 “Before It Goes Too Far”, TRANSCENDING FANTASY (Rosa Wiesauer’s poster work), (2020)
「遠くに行きすぎてしまう前に」(寄稿:ローザ・ヴィザウァーのポスター作品『トランスセンディング・ファンタジー』)2020年

2019
Review on Emily Mae Smith’s Avalon, FLASH ART #328 (November 2019)  [text]

Interview “Venice Biennale 2019: How to deal with the boundaries (a case of the East Asian Pavilions)” Multiple Spirits online, (2019)
対談「ヴェニス・ビエンナーレ2019: 境界線との向き合い方 (東アジアのパビリオン編)」『マルスピ(オンライン)』2019年

「ヨーロッパの端で起きていること──2019年のバルカン・アートシーン」webマガジン『artscape』 (2019年10月1月号)
(“What happens at the edge of Europe?” artscape, DAI NIPPON PRINTING, October 1st, 2019) [JP]

“Stepping Over the Threshold” for the handout of the project Bitte seien sie achtsam. Andere brauchen ihren Karlsplatz vielleicht notwendiger., Kunsthalle Wien with Post-conceptual Art Practices at the Academy of Fine Arts Vienna, 2019

『芸術祭の公共圏: 敵対と居心地の悪さは超えられるか?』(Kindle版、トークショー記録、出演:丹羽良徳、F.アツミ/ゲスト:藤田直哉、丸山美佳)Art-Phil, 2019
(The Public Sphere of Art Festival ‒ Beyond Antagonism and Uncanny?, co-edited by Yoshinori Niwa, Naoya Fujita, Mika Maruyama and F. Atsumi (Kindle), Art-Phil, 2019) [JP]

「移民と芸術──ウィーン世紀末から100年後に」webマガジン『artscape』 (2019年4月15月号)
“Migration and Art”, artscape, DAI NIPPON PRINTING, April 15th, 2019) [JP]

2018
「ウェス・アンダーソンがキュレーション。ウィーン美術史美術館の『棺の中のトガリネズミミイラと秘宝の数々』展で見せるものとは?”『美術手帖オンライン』(2018年11月24日)
(“Museum Strategies: Spitzmaus Mummy in a Coffin and Other Treasures” BijutsuTecho online, Bijyustu-Syuppan, 24th November, 2018) [JP]

「【ウィーン】歴史と共鳴するコンテンポラリーアート」webマガジン『artscape』 (2018年7月1月号)
(“Contemporary Art: Resonance with Histories”, artscape, DAI NIPPON PRINTING, July 1st, 2018) [JP]

2017
Review on Marina Gržinić and Aina Šmid: Radical Contemporaneity, Camera Austria International, 139|2017 (Verein CAMERA AUSTRIA, 2017) [text]

“Vienna’s Victory and Romania – Histories erased by Global Capitalism,” TILL THE DEMISE OF CAPITALISM (Art-Phil, 2017)
「ウィーンの勝利とルーマニア―グローバ ル資本主義に消される歴史」『資本主義が終わるまで』(Art-Phil, 2017年)

2016
「社会をとりまく『到着』が意味することは何か?」『美術手帖』11月号(2016年10月17日、美術出版社)
(“What do the arrivals surrounding the societies mean?” BijutsuTecho November, Bijyutu Shuppan-sha, 17/10/2016) [JP]

Review “on ‘Dance, if you want to enter my country!’” the booklet of Kyoto Experiment 2016 autumn (Kyoto International Performing Arts Festival Executive Committee Office, 4/10/2016)
「『踊れ、入国したければ!』上演にあたって」KYOTO EXPERIMENT 2016 AUTUM ブックレット、2016年10月

「ウィーン・アート通信 vol.5 彫刻に宿る身体」オンラインマガジン『シネフィル』(24/7/2016)
(“The body dwelling on Sculpture” online magazine cinefil, 24/7/2017) [JP]

公共のために:Krzysztof Wodiczko回顧展(05/01/2016)

2015
The world is round/世界はまるい 1(01/08/2015)
世界をまとうこと:新聞女《Peace Road》in Paris(05/05/2015)
ダンスから現代美術へ:Tino Sehgal最後の劇場作品(28/03/2015)
不自由なのは誰か: Jerome Bel《Disabled Theater》(06/03/2015)
30年目のGuerrilla Girls(14/03/2015)
美術史の「歴史」を書くことについて(21/3/2015)
“Cut an apple just in half”, Nase zine vol.2, 2015
旅行記:強制収容所とパルチザンのこと(05/06/2015)