NEWS

【Article】

Limitrophe
(東京都立大学・西山雄二研究室紀要)の創刊号(特集 カトリーヌ・マラブー『抹消された快楽』)に「抵抗と消費とアスタリスク」を寄稿しています。 



【Article】

I contributed a text to Re-Activating Critical Thinking in the Midst of Necropolitical Realities: For Radical Change (edited by Marina Gržinić and Jovita Pristovšek, Cambridge Scholars Publishing, 2022)


【Interview】

Harmonizing our strings in order to work together.” (An Interview with VBKÖ by migrazine)


【Essay / Review】

webマガジンartscape (2021年12月1日号) に、テキスト「【ウィーン】ウィーン分離派、クンストラーハウス、VBKÖ──100年続く芸術家協会のクロスロード」を寄稿しています。


【Podcast】

Podcast “Resonances across the Asia-Pacific” inside Noguchi: Resonances A Digital Residency by Annie Jael Kwan (Barbican Art Gallery, London) with Professors Marci Kwon and Ming Tiampo, curator and researcher Annie Jael Kwan.


【Talk Event】

「Punk! The Revolution of Everyday Life」展 関連イベントRound Table

登壇者:丸山 美佳、宮越 里子、MAIKO ASAMI、BARBARA DARLINg
日時:2021年10月19日(火)19:00- 会場A:BUoY Cafe(定員:先着10名)
*当日13:00より受付にて整理番号を配布します。
会場B:Online ZOOM Meeting(定員:50名・予約制)
会場B予約:https://forms.gle/tWJejYY9ykwkGo5F8


【Talk Event】

知るのつくりかた#06 mamoru / 丸山美佳

日時: 2021年10月9日 (土)  13:30-17:30
会場: 旧横田医院(鳥取市栄町403)
料金: 500円
定員: 20名
※オンライン配信URL: https://youtu.be/0_5DX6snZU0


【Talk Event】

「ピピロッティ・リスト:Your Eye Is My Island -あなたの眼はわたしの島-」関連企画
鼎談「アーティストの視点でピピロッティ・リストを見る-I Can’t Agree With You More!-」


会場:
水戸芸術館会議場
日時:
2021年10月2日(土)14:00~16:00
講師: 高田冬彦、百瀬文(アーティスト)
聞き手:
丸山美佳(批評家、キュレーター)
*50人定員、要申込


【Publication】

I contributed the text “Aesthetic Project of Ornament and Racially Gendered and Sexualised Synthetic Experience” to Notes for Mitsouko & Mitsuko by Michikazu Matsune (art direction) and Miwa Negoro (editor), that accompanies the performance “Mitsouko & Mitsuko” by Michikazu Matsune (premiered at the Wiener Festowochen, August 2021).

Contributors: Michikazu Matsune, Miwa Negoro, Adina Cahmy, Camilo Latorre, Aki Namba, Brian Haman, Mika Maruyama and Mi You
Publised by Matsune Sutudio, Vienna


【Online Presentation】

ラディカル・スピリチュアリズム 国際会議
Radical Spiritualism Online Conference and Workshop

嶋田美子さんとレベッカ・ジェニソンさん企画の「ラディカル・スピリチュアリズム 国際会議」に参加します。(無料・要登録)I’m feeling honoured to be part of the online conference Radical Spiritualism organized by Yoshiko Shimada and Rebecca Jennison with wonderful guest speakers. (Free and Registration required)

Program / プログラム:
1) 17 July / 7月17日: Introduction by SHIMADA Yoshiko & Rebecca JENNISON  / イントロダクション (嶋田美子&レベッカジェニスン)
2) 31 July / 7月31日: Spiritualism in the 1960s ~70s by SHIMADA Yoshiko / 1960〜70年代スピリチュアリズム(嶋田美子) 
3) 14 August/ 8月14日: Feminist Art and Essentialism by HAGIWARA Hiroko / フェミニストアートと本質主義(萩原弘子)
4) 21 August/ 8月21日: Radicalism and women in the 1960s ~70s by Chelsea Szendi-SCHIEDER / ラディカリズムと女性 1960s ~70s(チェルシー·センディ·シーダー)
5) 1 September/ 9月1日: Prayer and Care by Ryuko KURITA / 祈りとケア(栗田隆子) 
6) 15 September/ 9月15日: Spiritualism and Queer Temporality by MARUYAMA Mika / スピリチュアリズムとクィアテンポラリティ(丸山美佳)
7) 26 September/ 9月26日: Artist’s Talk & Screening “Community of Parting” by Jane Jin-Kaisen / アーティストトーク&スクリーニング(ジェーン・ジン・カイスン)
8) 9 October/ 10月9日: Artist’s Talk by Kate Just / アーティストトーク(ケイト・ジャスト)


【Interview】

『美術手帖(2021年8月号):女性たちの美術史』に、鈴木みのりさんとの対談「クィア、インターセクショナルな視点と、葛藤を手放さないこと」が掲載されています。


【Text】

東京ビエンナーレのwebジャーナル「RELATIONS」Vol.5:「21世紀のアート/アクティヴィズム/ジェンダー」に「不/可視な親密性」を寄稿しています。


【Text】

Tokyo Art Beatに「『女性アーティスト』はどのように評価されてきたのか:ジェンダーにまつわる問題を流行として消費しないために 」を寄稿しています。


【Interview】

Interview with Eisa Jockson on “Manila Zoo”: Performing Spectacle in an Enclosure on TQW magazine


【Online Talk / Zoom】

マルスピおしゃべり🌟根来美和🐬& 丸山美佳🌵

日時: 2021年4月24日 20時 (日本時間)


【Review】

I contributed a review (co-written with Marina Gržinić) on Želimir Žilnik: Shadow Citizens at kunsthalle wien to Camera Austria International 153.


【Text】

『群像』2021年4月号(講談社)の論点に「学び/捨て去ること(アンラーン)の可能性をめぐって」を寄稿しています。


【Press / Interview】

ウェブマガジンTOKIONのアート連載「境界のかたち」Vol.3でMultiple Spirits(マルスピ)がインタビューされました。
An interview about Multiple Spirits has been put up on the web magazine “TOKION”.


【Online Lecture】

蜘蛛と箒企画:オンライン特別講座「ニューサンス ——クィア・フェミニズムの芸術実践 2019-2020——」 

開催日時:2020年11月22日(日)19:00-21:00(延長の場合は21:30)
料金:1,700円|年度会員の料金:1,500円
*定員25名・お申込みが必要です!


【Online Talk】
Smashing Wor(l)ds: Performative Lab
Building new vocabularies of resistance Screening, lectures, performative interventions

Digital LAB/Zoom-presentations
by Tjaša Kancler (Barcelona), Saša Kesić (Belgrade), Christoph Kolar (AT), İklim Doğan (Turkey/AT), Mika Maruyama (Japan/AT) and Mai Ling (AT), Marissa Lobo (Brazil/AT) and Nevline Nnaji (USA/Germany).
Date:
11 and 12 November, 2020
Time: 12.00 to 16.00 (CET/Vienna time)
Program: pdf
*Register until November 8, 2020 (archiveofamnesia@akbild.ac.at)


【Interview】

Multiple Spirits (マルスピ)オンラインでインタビュー「遠藤麻衣 × 百瀬文:書き換えたり書き換えられたり」を公開しました。


【Exhibition・Catalog・Symposium】

Stories of Traumatic Pasts Counter-Archives for Future Memories

Date: 8 October 2020 – 3 April 2021
Venue: Weltmuseum Wien 
Documentation: online


【Essay / Review】

webマガジンartscape (2020年10月1日号) に、テキスト「【ウィーン】コロナ禍を生きる──排除と存在の否定に抗して」を寄稿しています。


【Essay】

『現代思想2020年10月号 特集=コロナ時代の大学』(青土社)の研究手帖に寄稿しています。


【Essay】

I contributed the text “The Dildo as an Essay on Becoming While Creating” for the exhibition New Crystal Palace by Mai Endo×Aya Momose at Talion Gallery in Tokyo (July 4, 2020 – August 2, 2020).
遠藤麻衣×百瀬文「新水晶宮」(タリオンギャラリー、7月4日〜8月2日)にテキスト「試論としての〈ディルド〉――つくりあげながら、なってしまう」を寄稿しています。

Mai Endo and Aya Momose, Love Condition, 2020


【Text Contribution】

I contributed a text for the online project PERFORMANCE HOMEWORK by Michikazu Matsune
松根充和のオンラインプロジェクト《パフォーマンス・ホームワーク》にテキストを寄稿しています。



【Online Talk】

「When It Waxes and Wanes」オンライン報告会(マルスピ)


【Interview】

Multiple Spirits(マルスピ)オンラインに「シモ・ケロクンプ対談:『リーディングプラクティスとしての振付』と日本のマンガ」を公開しました。
Simo Kellokumpu in conversation on “choreography as reading practice” and Japanese manga on Multiple Spirits online


【Publication (Editing)】

Yoshinori Niwa’s Publication: Rehabilitation of Ancestors­
丹羽良徳「先祖の社会復帰」



Date of publishing:
28th March 2020
Project by Yoshinori Niwa
Editing: Mika Maruyama
Contributors: Beatrice Forchini, Jeremy Epstein, Takahiro Okuwaki, Sebastian Cichoki, Ana Maria Montenegro Jaramillo
Online Book Presentation with Yoshinori Niwa & Mika Maruyama


【Curated Exhibition】

When It Waxes and Wanes

Date: 9th February – 8th March 2020
Opening: 8th February 19.00 with a performance by Simo Kellokumpu and Mai Endo
Open: Sunday 9th February and 8th March,
Venue: Austrian Association of Women Artists (VBKÖ)
With: Mai Endo, Dew Kim aka HornyHoneydew, ONTAYAMA, Fuyuhiko Takata, Simo Kellokumpu in collaboration with Vincent Roumagnac and Nao Yazawa, Rosa Wiesauer
Curator: Multiple Spirits – Mika Maruyama
Supported by: ARTS COUNCIL TOKYO (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)


【Talk Event】

Timeline Project Women artists & history「Power of Siblinghood」

日時:2019年12月7日(土)
会場:TOKAS本郷
ゲスト:竹田恵子(社会学)
ゲストコレクティブ:egó eímai collective、Back and Forth Collective、MELLOW運営チーム、Multiple Sprits、Sabbatical Company


【Curated Exhibition】

EVERYDAY HEROES: FANNI FUTTERKNECHT

Date: 29 November – 13 December, 2019
Opening: Friday 29 November 19:00
Open: Thu to Sat 17:00 – 19:00 and by appointment
Venue: >RAUMSTATION (Schikanedergasse 2, Vienna, Austria)
Artist-Talk: 5 December 18:00


【Text Contribution】

I contributed a review on Emily Mae Smith’s Avalon to FLASH ART #328 November 2019 – January 2020
.


【Lecture】

蜘蛛と箒企画
連続講座「インターナショナル・アート・スタディーズ」(講師:石川卓磨)の第一回ゲスト講師としてレクチャーをします。

日時:10月27日(日)
時間:18:30-20:30(延長の場合は21:00)


【Text Contribution】

webマガジンartscape (2019年10月1日号) に、テキスト「【ベオグラード】ヨーロッパの端で起きていること──2019年のバルカン・アートシーン」を寄稿しています。


【Pop-Up Book Shop/Library】

BETWEEN THE SHEETS
VBKÖ (Vereinigung Bildender Künstlerinnen Österreich) project statement in collaboration with Mika Maruyama and Aki Namba


Date: 24th – 29th, September, 2019
Adress:  LASSALLESTRASSE 5, 1020 VIENNA
Opening: 24th Sptember, 5PM – 10PM (10PM OPENING PARTY)
Fair opening times: 12am – 7pm (25th-29th, September)


【Conversation】

インデペンデントキュレータの根来美和さんとの会話『ヴェニス・ビエンナーレ2019: 境界線との向き合い方 (東アジアのパビリオン編)』がマルスピ(web)で公開されました。


【Publication】

『芸術祭の公共圏: 敵対と居心地の悪さは超えられるか?』(Kindle版)

2017年にNADiff a/p/a/r/tで行ったトークショー(出演:丹羽良徳、F.アツミ/ゲスト:藤田直哉、丸山美佳)の記録が電子書籍化されて刊行されました。


【Talk Event】

Transcending Fantasy

Date: 19:00-, 4.7.2019 
Venue: VBKÖ – Vereinigung bildender Künstlerinnen Österreichs
(Maysedergasse 2, 1010 Vienna, Austria)
Video program curated by Rosa Wiesauer, followed by tlak with Sarah Podbelsek and Mika Maruyama 


【Curated Exhibition】

Fear of Duality


Date: 26.6.-11.7.2019
Opening: 26.6.2019 at 18.00 with performance
Finissage: 10.7.2019 at 18.00
Open: From Monday – Thursday / 17:00-21:00 (or by appointment: info@lieberwolf.com )
Closed: on Friday, Saturday, Sunday
Venue: Space 107 (Liechtensteinstr. 107, https://lieberwolf.com/)
Admission Free


【Event】

Critical Inventory: Towards a Methodology of Contemporary Art History

Date: June 24 – 25, 2019
Location: Seminar Room 1, Department of Art History, University of Vienna University Campus, Hof 9 (Garnisongasse 13 1090 Vienna)
Conceptualized and organized by Noit Banai and Gregor Pirgie https://kunstgeschichte.univie.ac.at/


【Project】

Bitte seien sie achtsam. Andere brauchen ihren Karlsplatz vielleicht notwendiger.

Date: 6th, 7th and 8th May 2019 at Kunsthalle Wien
Organization: Prof. Marina Grzinic, Maren Grimm, Julia Hohenwarter, Mika Maruyama and the STUDENTS of Post-conceptual Art Practices with invited GUESTS.

Mon 6/5 2019
6pm: Opening at Karlsplatz Skulpturenplatz
9pm: Performance with rap by Mindj Panther at Karlsplatz Skulpturenplatz
Tue 7/5 2019
12 – 3pm: Intimate Bureaucracy Workshop by Heba Y. Amin at Karlsplatz Skulpturenplatz
7pm: Lecture by Heba Y. Amin at Museumsquartier
Wed 8/5 2019
12 – 3pm: Australia-Austria: Workshop by James Nguyen at Karlsplatz Skulpturenplatz
6pm: talk: What the disobedient bodies speak? at Karlsplatz Skulpturenplatz


【Text Contribution】

webマガジンartscape (2019年4月15日号) に、テキスト「【ウィーン】移民と芸術──ウィーン世紀末から100年後に」を寄稿しています。


【Publication (Multiple Spirits)】

Multiple Spirits vol.2: 色褪せない光の地図 / Hold up the map of light, my colours will never fade

オンラインでも発売になりました!
OUT NOW! Please visit here to buy the vol.2.


【Curating Exhibition】

“Protocols of Together”

with Naoki Matsuyama, Mayrhofer-Ohata, Aki Namba and Yoshinori Niwa
Date: March 19 – 30, 2019
Opening: March 19, 19:00 – 22:00
Venue: Medo space (Franzensgasse 6/1a, 1050 Wien, Austria)
Open: 11.00 – 18.00 (Tue-Fri and 30th Sat)  / 18.00 – 22.00 (23th Sat)
(or by appointment: 0043 699 17205789)
Closed: Sun and Mon


【Text contribution】

美術手帖オンラインでウィーン美術史美術館で開催されているウェス・アンダーソンとジューマン・マルーフによる展覧会「棺の中のトガリネズミミイラと秘宝の数々」のレポートを寄稿しています。


【Exhibition (Multiple Spirits)】

NOTHING LESS!

Date: 6. September – 22. September 2018
Opening: 5. September 18:00
Opening Hours: Thursdays and Fridays 14:00-18:00 / Saturdays: 11:00-16:00
Venue: VBKÖ (Maysedergasse 2/4. Stock, 1010 Wien)


【Publication (Multiple Spirits)】

Multiple Spirits vol.1: 洗面器のムーンライト / A Moonlight in a Basin


美術家・俳優の遠藤麻衣と日英バイリンガルのクィア系アート 冊子「Multiple Spirits」を創刊しました。
創刊号は90年代の少女文化に焦点を置いたインタビュー2本と、10名のアーティスト /アクティビスト/ライターによる寄稿を収めています!
I started “Multiple Spirits“, a bilingual queer art zine in Japanese/English, with an artist and actor Mai Endo. The first volume includes two interviews with artists on the Japanese girl’s culture in the ’90s and contributions from artists, activists and writers.


【Text contribution】

webマガジンartscape (2018年7月1月号) にウィーンのアートシーンを紹介するテキスト「【ウィーン】歴史と共鳴するコンテンポラリーアート」を寄稿しています。


【Exhibition (Multiple Spirits)】

Bis hierhin und nicht weiter: death and capitalism
PCAP semester display of works and projects

Date: June 11 and 12, 2018
Opning: June 11, 2018, 18:00-
Venue: Atelierhaus der Akademie der bildenden Künste Wien (Lehargasse 6 1060 Vienna, Austria)


【Curating Exhibition】

Behind the Terrain – sketches on imaginative landscapes

Date: May 12 – 27, 2018 *Closed on Monday and Tuesday
Open: 12:00 – 18:00 Opening Reception:
May 12, 2018
Venue: Koganei Art Spot Chateau 2F / Korea University
会期: 2018年5月12日(土) – 27日(日) *月火休み
開廊時間: 12時 – 18時
オープニングレセプション: 5月12日(土) 18時 – 20時
会場: 小金井アートスポットシャトー 2F(〒184-0004 東京都小金井市 本町6丁目5-3)
朝鮮大学校(〒187-8505 東京都小平市小川町1-700)


【Publication (Multiple Spirits)】

Multiple Spirits が”MISS READ: Berlin Art Book Festival 2018″に参加します。

“MISS READ: Berlin Art Book Festival 2018”
May 4th – 6th, 2018
http://missread.com/exhibitors-2018/


【トークイベント】

「芸術祭の公共圏―敵対と居心地の悪さは超えられるか?」

出演:丹羽良徳(アーティスト)、F.アツミ(編集/批評)
ゲスト:藤田直哉(文芸評論家)、丸山美佳(インディペンデント・キュレーター)
日時:2017年11月25日[土] 18:00-19:30 (開場 17:45)
会場:NADiff a/p/a/r/t
定員:50名 入場料:1,000円


【Lecture】

Beyond one’s own territory



Date: 3 – 18, Novemver, 2017
Venue: Raumschiff Linz
http://www.raum-schiff.at/kalender/veranstaltung/beyond-ones-own-territory

Program: Friday 3rd November, 19;00-
ー Introduction by Prof. Dr. Marina Gržinić
ー Maira Enesi Caixeta performs “Child of Nature”
ー Mika Maruyama talks about “Imaginary narrative and Politics Behind the Terrain”
ー Screenings of video and animation by Robert Jolly and Maira Enesi Caixeta
ー final thoughts, a travelogue by those exhibiting through the works
ー Dj Ilusmot und Schenz


Talk Event

THE DEMISE OF CAPITALISM: Public Domain
Date: Monday 30, October, 19.00
Venue: Depot (Breite Gasse 3, 1070 Wien)
Speaker: Ryts Monet, Yoshinori Niwa
Moderation: Mika Maruyama
http://www.depot.or.at/


Text contribution

I contributed a reveiw on Marina Gržinić and Aina Šmid: Radical Contemporaneity to Camera Austria International 139.

Camera Austria International 139, OUT 13 SEPTEMBER


Curating Exhibition

Summer Project: Body Electric at Yuka Tsuruno Gallery

Artist: Martha Atienza, Eisa Jocson, Stephanie Misa, Jake Verzosa, Elisabeth Penker, Kaga no Chiyo
Date: August 19 – 26, 2017
Gallery opening hours: Tue – Thu, Sat 11:00-18:00 / Fri 11:00-20:00
Closed on Monday, Sunday, National holiday
Venue: Yuka Tsuruno Gallery
1-33-10-3F, Higashi-Shinagawa, Shinagawa-ku, Tokoy